Sailor Chainsaw Haruyama personal blog

illustration by 中川画伯
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
▼EVENT SCHEDULE
6/12 わっしょい!@カルカル
6/16 ヤリマンGP@LPO
6/19 VALKIRIE@有明
6/19 CAGE FORCE@有明
6/30 「人喰い映画祭」発売日
7/3 「人喰い映画祭」イベント@LPO
7/13 新宿二丁目プロレス
8/7 ドクトルルチャ@Naked Loft


検索
最新の記事
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
パラダイステレビ公開収録
a0018768_15391792.jpg

「♪子供でいた〜い」とか言ってる場合じゃない!今晩はバキバキの大人のお仕事、パラダイステレビ公開収録が新宿ロフトプラスワンであります。出演は番組レギュラーMCの急行、春山に加え、ゲストとして毎度おなじみAVライターの大坪ケムタ先生と、実写版ミスターVTRことマッスル坂井選手に、AV女優の女の子3人でお送りします。(ちなみに上の画像はフライヤーからの抜粋だが、自分がグラサンかけてるのは「ロス市警」と言うコントでの物)

当然新宿LPOは我々にとってホームリング。外部の番組とリンクしたイベントをここで行うと言うのは、まさに海外武者修行後の凱旋興行と言った感。感慨深いものがあります。暇な大人は是非(18禁)。

2006年10月24日
パラダイステレビpresents
「美少女アイドルがおま○こを賭けて対決!!〜おま○こ三国志〜」
Open18:30/Start19:30
前売\1500/当日\1700(共に飲食別)女性入場無料!!

※18歳未満の入場はできません。要身分証明書。※当日は、番組収録も兼ねておりますので、お客様の顔が映る可能性もあります。その点も考慮してご参加下さい。




記者「通常、リングの上に子どもが上がるようなことはない。今回、コールマンの子どもたちがリングに上がって泣いていたことに、何か居心地の悪さを感じなかったか?」

ヒョードル「確かに、居心地が悪かった。自分の妻も、私の試合のときはいつも泣いていますから。コールマンの子どもにとって、父親のあのような姿を見ることはショックだったと思います。

(ここで、会見を聞いていたバローニが意見を挟む)

バローニ「コールマンにとって、子どもが彼の試合を見るのは、とても意義のあることだったんだ。コールマンはずっと日本にいたから、子どもたちは自分の父親が何をやっているのかよく分かっていなかった。今回ようやく、子どもたちに自分の戦う姿を見せる機会が得られたので、そうしただけだ。確かに、不運にして彼は負けてしまったが、それでも子どもたちにとって自分の父親がファンからの歓声を受けてリングに上がる姿を見たのは、とても意味があったと思う。コールマンにとって、子どもはすべてなんだ。その子どもと、この貴重な瞬間を分かち合いたいと思うのは当然だろ。だからオレは、そもそもどうしてそんな質問が出るのかすら分からない。
 確かに子どもにとって、自分の父親が殴られている姿を見るのはつらいだろう。だが、人生ってのはつらいもんなんだ。それに自分だったら、あれだけ殴られながらもちゃんと生きてリングから降りてきた姿を見たら、絶対にそのことを誇りに思い、尊敬すると思う。しかも相手は、世界最強の男だったんだぜ。コールマンの子どもたちも、将来父親の凄さを理解し、自分たちも強く生きていこうと思えるはずだ。オレはそんなコールマンの決断を、心から尊敬している。」

自分に対する言い訳!
[PR]
by cosmication | 2006-10-24 16:02 | [event]イベント