Sailor Chainsaw Haruyama personal blog

illustration by 中川画伯
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
▼EVENT SCHEDULE
6/12 わっしょい!@カルカル
6/16 ヤリマンGP@LPO
6/19 VALKIRIE@有明
6/19 CAGE FORCE@有明
6/30 「人喰い映画祭」発売日
7/3 「人喰い映画祭」イベント@LPO
7/13 新宿二丁目プロレス
8/7 ドクトルルチャ@Naked Loft


検索
最新の記事
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
福 IN DA HOUSE!!
a0018768_23213288.jpg


07年1発目のオーツザッツバカ映像、おかげさまで今回も前売りでほぼ満席、満を持してお呼びしたゲストの方も場外弾連発、手前味噌ながら、かなり密度の高い凄まじい内容だったんじゃないでしょーか。

VJコミックカット師匠のコール&レスポンスな映像と、"ラ・ギショレ"イベント内での映像を見ながらの掛け声と言う、奇しくもどちらもインタラクティブなライブ感を前面に打ち出すと言うシンクロぶり、まあ壇上でも言いましたが、それゆえテキストや口頭じゃまったく伝わらない面白さ、生で見ないと(しかも大勢で)楽しみきれない面白さと言うのは、バカ映像始め、我々のイベント事にとっては非常に望んでいたところであり、今後もアイデアをひねり出さないといけないところであります。

そういう意味で通ずるものあるかな?と思って紹介した「ニコニコ動画」でしたが、これは思った以上に"一人観賞用"に特化したものだな~と言う結論に。オールザッツバカ映像は主に「一人で見るより大勢で見た方が面白い」と言うスタンスで紹介してきましたが、ニコニコ動画の場合、すでに「一人で見てるのに大勢で見ているような面白さ」と言う擬似ライブ感が楽しいのであって、会場では映像内の書き込み以上に突っ込めないと言うところに気付きました。

ま、ニコニコ動画が凄まじく面白いことには変わりませんが。そんなニコニコならではの楽しみ方だと思った作品。
■へたくそマリオ
友達と一緒にファミコンやってる錯覚。

さてそんな明日は、娘のリトミック発表会の後で、またプラスワンでMCやります。間口が狭すぎるテーマも片っ端から集めれば何とかなるだろう的企画。

「コアチョコTシャツデスマッチ5 最強の女決定戦・アマゾネスナイト」
at 新宿ロフトプラスワン
2007/2/4 Open/18:00 Start/18:30 ¥1500(飲食代別)

映画・プロレス・AV・漫画・ゲームなどあらゆるジャンルを網羅するコアチョコが各界のプロフェッショナルを集めて開催する最強の女決定戦!各ジャンルの映像を見ながらあれやこれやと勝手に語り勝手に認定!女性お笑い芸人乱入、限定Tシャツ販売などとにかく女性に特化した夜です!!

会場限定Tシャツはあの女必殺拳!しかも通常版とは違うイベント特別バージョン!値段はもちろん1000円だ!!!

【司会】DJ急行、セーラーチェンソー春山
【コアチョコアマゾネス審議会】MUNE(コアチョコ代表)みち(ゲンプロダクション)プチ鹿島(俺のバカ)森下くるみ(ゲスト審査員)
【出演】バッドガイNABE(カンフー部門)エレクチオンナウ(漫画部門)PK(女子プロレス部門)大坪ケムタ(AV痴女部門)less(ゲーム部門)館長(スーパーロボット大戦部門)かに三匹(北朝鮮・フィリピン部門)三澤藏六(邦画部門)他
----------
どーでもいいですが、バカ映像終了後にプラスワンの5Fにある居酒屋(厚田村からわいわい村に名前が変わってた)で打ち上げと言うか個人的に飯食ったんですが、石焼ビビンバ頼んだら2人前くらいの盛りで580円でした。安い!美味くはないけど。

写真は、中川画伯のblogで公開されてた節分のお面(ジョニー・バレンタイン)を、せっかく作ってあげたのに、怖がってかぶらなかったので、仕方なくテレタビーズの赤鬼にかぶせてみた物。
[PR]
by cosmication | 2007-02-04 00:41 | [baby]こども