Sailor Chainsaw Haruyama personal blog

illustration by 中川画伯
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
▼EVENT SCHEDULE
6/12 わっしょい!@カルカル
6/16 ヤリマンGP@LPO
6/19 VALKIRIE@有明
6/19 CAGE FORCE@有明
6/30 「人喰い映画祭」発売日
7/3 「人喰い映画祭」イベント@LPO
7/13 新宿二丁目プロレス
8/7 ドクトルルチャ@Naked Loft


検索
最新の記事
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
いのちの星のドーリィ
それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ
/ バップ

土曜の午前中はビデオ屋へ行って、「それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ」、「リトル・ミス・サンシャイン」、「ガンバの冒険」1巻を借りてくる。

「いのちの星のドーリィ」は06年公開の、劇場版最新作。過去の劇場版も、娘と一緒にほぼ全作品観てるけど、ここ数年('03の「ルビーの願い」あたりから)、かなり大人の視点も意識した作りになっていて、子供向けと身構えずとも普通~に面白い。

特に、前作「ハピーの大冒険」は、劇場版の"ウリ"でもある、「TV放映版の定番ルーチンを崩す」という部分をさらに一周させ、「悪を倒すことだけが強さではない」と言う、バイキンマン誕生以前の、根底的なアンパンマンの「正義」をテーマに、いつもTV放映版でやっている"アンパンマンの仕事"を1つずつ丁寧に追って、「破れたマントはバタコさんが縫う」と言うような、セルフパロディと言うか、どこかメタフィクション的な見せ方もあって、その劇画的な重さに、見ていてちょっとショックを受けてしまったほど。

そんな作風が続く中で、今作「いのちの星のドーリィ」はと言うと、改めて「アンパンマンの主題歌」の意味を問うと言う、これまた原点回帰な内容。「なんのために生まれて、なにをして生きるのか」。自分の存在意義とは?何故アンパンマンは村の平和を守っているのか?命を吹き込まれた人形・ドーリィが陥るアイデンティティ・クライシス!

未就学児の子供に対しては、重すぎるテーマだよ!オレでも考えたことないよ。しかし、これまた普通~に面白かった。キーとなる「いのちの星」が、アンパンマン誕生のきっかけでもあった、と言う設定を掘り起こしたアイデアが素晴らしい。「いのちの星」のギミックも、子供に分かりやすいようで、観終わった後でしばらく娘と「いのちの星」ごっこ。

大人向けの視点と言いつつも、話としては単刀直入な分、問答無用で感動してしまうところはあるな。

また、毎回劇場版では、レギュラーキャラが全滅してしまうような絶体絶命のピンチに、なんだかんだで「焼きたての顔でアンパンマン復活!」と言う、最強の定番で〆るのだが、今回はそれも覆されていて、その展開から話の結末に流れる様は、サプライズと感動が上手く組み合って、非常~に美しかったな。

劇場版「クレヨンしんちゃん」はよく評価されるのと比べて、劇場版「アンパンマン」はあまり観られていないような気がするけど、負けず劣らず面白いと思うので、興味ある方は是非。
[PR]
by cosmication | 2007-06-09 22:00 | [baby]こども