Sailor Chainsaw Haruyama personal blog

illustration by 中川画伯
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
▼EVENT SCHEDULE
6/12 わっしょい!@カルカル
6/16 ヤリマンGP@LPO
6/19 VALKIRIE@有明
6/19 CAGE FORCE@有明
6/30 「人喰い映画祭」発売日
7/3 「人喰い映画祭」イベント@LPO
7/13 新宿二丁目プロレス
8/7 ドクトルルチャ@Naked Loft


検索
最新の記事
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2004年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧
妊娠・出産mag
そろそろ、妻の妊娠期間も4ヶ月であり、来月の5ヶ月目を迎えれば、もうゴールまでの折り返し地点。この日記には「黎明編」とサブタイトルがついているが、さすがに妊娠4ヶ月目も過ぎれば、黎明期と言える期間はとっくに過ぎたであろう。と言うより、「黎明編」なんて付けたのは、明らかにこの春からNHKで始まった「火の鳥」の影響以外の何物でもないので、まるっきり意味のない思いつきなのだが、まあせっかく○○編と続けられるので、次回から「未来編」、「鳳凰編」、「地獄突きが行く!ザ・ブッチャー編」、「首折り魔!スタン・ハンセン編」、「ブラック球団編」、「ロッテオリオンズ編」と、クライマックスに向けて盛り上がっていきたい。

ところで、みなさんは妊娠・出産に関して、どれだけの知識をお持ちだろうか。おそらく、妊娠・出産経験者や、専門的な勉強をした人はともかく、ここを読んでるようなほとんどの人は、ズバリ言って妊娠・出産について何も知らないに等しいと言えるであろう(断言)。なぜなら、何を隠そう自分がそうであったからである。

個人的には妊娠・出産について、それなりの、一般常識レベルでの知識は持っていたつもりだったが、いざ妊娠が発覚すると、今まで自分が知ってるつもり?であった知識というのは、そのほとんどが「妊娠のさせ方」であるとか、むしろ「妊娠をさせずに気持ちよくなる方法」だったり、「妊娠に関係なく気持ちよくなる方法」など、実際の妊娠・出産には直接関係ない知識ばっかりだったことに、改めて気付かされた。

つまり、妊娠後の知識についてはほぼ皆無に近い状態だったのだ。

と言うことで、妻が買ってきたりする妊娠、出産に関する雑誌や本などを読むと、いや~、本当に知らなかったことばかり、未知との遭遇、自分の無知を恥じ、軽くカルチャーショックを受けた。

特に「Pre-mo」という妊婦雑誌に載っていた「妊娠生活のOK?NG?」という特集記事は、妊娠生活の中でうっかりやってしまいそうな、しかしやってはいけないデンジャラス・ムーブを具体例を挙げて解説、妊娠初心者生活に非常ベルを鳴らす、とても興味深い記事であった。

例えば、妊娠期間中は、

・自転車に乗ってはいけない
・プールに入ってはいけない
・ボウリングをやってはいけない
・足ツボマッサージをしてはいけない(早産のツボがあるらしい)
・犬、猫、ウサギはOKだが、ハムスターは飼っちゃいけない

など、ウッカリやってしまいそうだが、やってはいけない事実を数多く知った。特に自転車(バイクもか)は、ダイレクトに刺激が伝わってしまうので、妊娠初期、後期問わず、絶対に乗っちゃいけないそうだ。妊娠検査する前の未発覚期間なんか、気にしないでバリバリ乗っちゃいそうなもんだが。

また、その特集の中では妊娠中のSEXについても言及しており、まあ妊娠中のSEX自体がNGとは言わんけどOKでもない△印らしいのだが、その中でも、

・手マンは△
・イっちゃうのは△
・生挿入は△
・中出しも△

という、すべてにおいて、OKともNGとも言い切れない、非常に緊張感あるギリギリのプレイが要求されるとのこと。またPre-moお勧め体位は「側臥位バック」とのこと。う~ん、勉強になる。しかし、手コキや尺八についての記述はなかったのだが、この辺はどーなんだろうか。手コキはまあOKだと思うが、尺八はディープすぎて嗚咽を漏らすようだと、つわりとの違いが分からないのでNGだろうか。分からないことだらけである。

妊娠についてこの有様なのだから、その後の育児については、子供と共に何年も、いや一生勉強しつづけることになるだろう。なるほど~、よく出来てるな~、人生。
[PR]
by cosmication | 2004-05-31 01:06 | [baby]こども
にんげんがたのいきもの
今週は、おそらく妻のつわりがピークを迎えた週。いや、まだ分からんけど、しかし来週、再来週と今以上の具合の悪さだったら、ちょっとかわいそうな気もするので、この辺にしといてもらいたい。

しかし、つわりの進行と共に、胎児ももちろん成長しており、今まで精子以上人間未満だった赤ん坊の様子も、先日の検診での超音波エコー撮影では、なんと、ついに「にんげんがたのいきもの」にエンカウントしたと言う。


参考資料


まー、まだなんとなく「この辺が頭で、この辺が足」って程度の人間ぶりだったけど、なるほど〜、これで完全に「人間」になったところから、いわゆる安定期に入るのかな。こうなってくると、さすがに妻の体型もハッキリ分かるくらいの変化が出てきて、特に、あまり大きな声では言えないけども、B地区なんかは明らかに変色しているのを確認!どのくらいの色の変化があったのか、さすがに実物の写真公開は問題あるので、近い例をあげてみよう。


左:通常の色のコールマン / 右:三角極められて変色したコールマン

このくらいの違いはあるよ。いや、まだコールマンの変色ぶりには負けるか。
[PR]
by cosmication | 2004-05-28 20:54 | [baby]こども
ジョシュ・バーネット in 秋葉原
a0018768_16233.jpg■Cosmication Archives
ジョシュ・バーネット in 秋葉原
[PR]
by cosmication | 2004-05-27 16:24 | [etc]その他
TEPCOひかり
昨日、妻との揉め事のあと、怒りを収めるべく狂ったように洗濯した服の中に、どうやら洗濯しちゃいけない服があったらしく(カシミアのカーディガン)、そのことでまた朝から怒られる。まーこれまたオレが適当に洗濯機入れたのが悪いのは明らかなので、逃げるようにして外出。ほとぼり冷めるまで、適当に時間潰すかと思い、池袋まで出て釣具買ったり、ゲーセン寄ったり、山手線居眠りしながら1周したりして、夕方のPRIDE武士道まで時間潰す。家に戻ると、予定通りなんとかほとぼり冷めてた模様で一安心。

てことでPRIDE武士道3。いや~ミルコ、精神的なものかハードトレーニングのせいか、やつれたような絞り方だったけど、大外刈り、亀のサイドについて足すくってめくる、肩固め、アメリカーナと、今までに見たことないMMAムーブ連発。タックル切ったあとに頭押さえこんでサッカーボールキックは、誰にでもできそうだけどミルコほど上手い選手見たことないな。TEPCOひかりTシャツも素晴らしい。

ミルコと言えば、先日のNHK「ものしり一夜づけ」、"シブヤ"の回にゲスト出演、渋谷の街中でガングロコギャルにインタビュー、そして麻薬中毒の女の子との対談は、最高に面白かった。NHKロシア語講座にヒョードルも出たし、あとはノゲイラの出番待つのみだな。趣味悠々の鶴ちゃん水墨画教室あたりかな。

「ものしり一夜づけ」、次回のテーマは「カレー」です。
[PR]
by cosmication | 2004-05-24 01:44 | [myself]親の話
中尾がヴァリグブラジルのTシャツ着て練習(K-1MMAより)
今日は昼から部屋の掃除、の予定が、昼飯食ったら眠くなってしまいベッドの上でウトウトしていると、遠くから妻が「ちょっと!!!!!!どーなってんの!!!!!!!」と鳥山スタイルで激怒している声が。

「なんで便器にウンコつけたまんまなのよ!!!!!!!!」

とまあ、同居人がいると割りとありがちな話だと思うんですが、「なんだまたそんなことか」と思い、知らんぷりして狸寝入りを続けると、「なんで何回言っても気をつけないのよ!!!!!キーッ!」とものすごい剣幕で怒り出し、携帯電話まで投げつけてくる始末。オレのプロテイン太りによるハイブリッドボディにはくすぐったいだけではあるものの、しまいには妻が「もううちでウンコするな!くそやろう!おまえなんか、ケツの穴を縫ってしまえ!ウワーン!」と泣き出してしまったので、こりゃ面倒臭いことになったなと思いつつも、なんでちょっと便器にウンコつけたくらいで、携帯ぶつけられたり、自分の家でウンコするなとまで言われなきゃならんのだ?と、こっちも少し血圧上がってきてしまったので、それを発散、解消すべく、気が狂ったような勢いで掃除と洗濯をしてやった。

結局、当初の予定であった昼から部屋の掃除と言うのは、形はどうあれ結果的に見事完遂した。

しかし、これが妊娠時の情緒不安定モード発動ということなのだろうか?妻は妊娠前も、普段からやや喜怒哀楽が激しいところがあったが、やはり最近はつわりも重いこともあり、ストレスがたまってるのかな~と思ったりもしたけど、それ以前にオレがウンコついた便器をちゃんと掃除しないのが悪いわけで、ちゃんと洗えばこんな目に合わなかったのだけども。でも、ウッカリ(ウンコリ)忘れちゃうんだよね、便器確認。今ふと思ったけど、ウンコする前にあらかじめ便器にトイレットペーパー敷いて、そこにdrop da bombすれば、便器汚れずに、誰も嫌な思いせずに済むのでは?いや、しかし、たかが1発で済むわけはなく、第2、第3のリトルボーイが投下されてしまえば、戦局はさらに悪化の一途を・・・。

んでまあ、泣いたカラスが何とかってことで、無事に掃除終わったあとは今日オレが誕生日だったので、前から行ってみたかった近所の某エスニック料理屋で夕食。某とか使うの好きじゃないけど、う~ん、正直イマイチだったので、あえて伏せよう。帰り道、通ってる古本屋に行って入荷チェック、妹尾河童の本とかコロナブックスの中国茶の本(しかしイリシットな写真だな~と思ったら島尾伸三!)など買って、K-1MMA観るのに急いで帰ったにもかかわらず、報道特番でズッコける。いやしかし、K-1MMAオモロかったな~。K-1ミドル級もそうだけど、あの"筋肉番付"スタイルの番組演出は、見慣れてるからか、非常に見やすい。ホイラーとグレコの負けが非常に残念。さて明日はPRIDE武士道。
[PR]
by cosmication | 2004-05-23 02:28 | [myself]親の話
パッション
今週に入ってから、妻のつわりが特に酷くなり、仕方なく仕事を休んだり遅刻したり、なんとか仕事場に向かおうとしても、通勤電車内で具合が悪くなり、1駅ごとに電車を降りてしまっているという、桃鉄で言うところの牛歩カード状態であるという。

特に匂いには敏感になっているようで、先日の暑かった日には、やや汗ばみ苦みばしったビタフレイバー出すオレが家に帰ってくるなり、「う!汗臭い!オエーッ!」と、人生で初めて体臭で吐き気を催されるという貴重な体験まで味あわせてもらった。しかも、今週は個人的に餃子ブームが到来してしまい、毎日のようにニンニク&ニラ臭い状態で帰宅してしまっているというから驚きだ。やや反省。

いや~しかし、毎日コロコロと1時間単位で体調が変わり、嗅覚や味覚と言った人間の基本性能までも大幅に変えてしまうこの「妊娠」という生理現象、一人の人間の中から、別の一人の人間が現れると言う、今まで知識的には何の疑問も持たずに、むしろ当たり前であるとすら思っていたこの事実も、実際にリアルタイムで目の当たりにしてみると、あまりにアメイジングであり、なるほど、先人たちが皆、口をそろえて「(せ~の)ミステリアス!」と言うのも、ここにきてやっと分かったと言うか、確かにそうとしか言いようがないんだな。

例えば、自分の体内に新しい生命ができるなんて、とても気持ち悪くて信じられんけど、それを、驚きつつも意識することなく自動的に身体は対応し、精神的にも受け入れられる準備を整えてしまう「母性」というシステムは、いわゆる「父性」なんて言葉と並べられるものではまったくなく、まるで性質の違う、どうあがいても男には理解できない、生きとし生けるものにとって、最も重要かつ素晴らしいシステムであるな~、と思うと同時に、なるほど、"生き死に"の場と真正面から向き合うと、どうしてもこう瞳孔開くというか、脳味噌洗われ気味になってしまうのも、う~んなるほど確かにと、身を持って体感。パッション!

* * * * * * * * * *
■個人的な日記■
19日は666トークイベント@プラスワン。当日ギリギリまで台本書き直したりして、相変わらずスタッフ皆テンパり気味。告知も全然足らないし、前回コケ気味だっただけに、今回は厳しい戦いになりそう~と撃沈覚悟で挑んでみると、箱を開ければスムーズな進行、予想以上の盛り上がり、今回は成功だったんではないでしょうか。

とは言っても一番の頑張りはもちろん選手の皆さん、特に我らがエース怨霊さんは、全編下ネタトーク&馬場の物まねと言う、プロレス界唯一の耽美派ゴシックレスラーのイメージを根底から覆す奮迅ぶり、感動のあまり涙が止まりません。セーラーチェンソーならではの企画、GOEMON選手による「がんばれゴエモン」耐久レースも無事完遂(クリアは出来なかったけど)。いや~しかし、こんな冗談以下の茶番に付き合ってもらって、非常に申し訳なく思っております。が、そのジャンルレスな茶番ぶりが"味"でもあるのかな~、とも思っているので、今さら媚びずにこのままやり通してやります。

イベント終了後、家に帰ってこの日の会場録画ビデオを見直し、一人反省会。しかし、こういう自分出演ビデオとか観るといっつも思うけど、このビデオに映ってる春山って言う人、オレと笑いのツボ合うな~、と。会場で誰も笑わないような超小ネタも、「分かる!オレは分かるよ!」と、一番いい観客として鑑賞。面白いな~、しかしそういう部分も含めて反省。

と言うことで、"666"本興行もよろしくお願いします。

怨霊&殺害塩化ビニールpresents,
暗黒プロレス組織"666"第3回興行
6月6日午後6時6分6秒スタート at バトルスフィア東京
SRS社長と心中シート:完売(?)
一般席(2列目以降):前売3000円/当日3500円
チケットぴあにて絶賛発売中!
[PR]
by cosmication | 2004-05-22 01:42 | [baby]こども
お仕事
昨日、妻は朝方から頭痛が酷いと言うことで会社を休んでいた。
妊娠中は基本的に薬を一切服用出来ないって事実は、忘れがちだけど重い縛りだな〜。頭が痛くても、頭痛薬が飲めないのはツラい(ツラそう)。1日寝てても具合良くならなかったようなので、仕事のあとにあった用事を断って直帰。総菜を買って帰る。

さて、明日はロフトプラスワンでイベントやります。

■怨霊&殺害塩化ビニールpresents
「暗黒プロレス組織"666"トークライブ〜地獄の底からゴキげんよう!」
Open/18:30 Start/19:30 / 1000円(飲食別)

手伝ってるプロレス興行「666(トリプルシックス)」のトークイベントってことで、怨霊選手やGOEMON選手、サバイバル飛田選手なんかをお呼びして、寝掘り葉掘り、いろいろやります。春山は司会として参加。目玉企画は、GOEMON選手による「がんばれゴエモン」耐久レースかな。イベント中にクリア出来るのか〜?!
[PR]
by cosmication | 2004-05-18 20:21 | [baby]こども
ビッグフィッシュ
前回の更新同様、妊娠に関する事件も特になく、妻も多少の波はあれど、そんなにしんどいことにはなっていないので、あらためて書くことがない。強いて言えば、妻が今週に入ってから、部屋着をスウェットのワンピースにし始めたので、パッと見はマタニティ感出てきたというくらいか。あと、ややお腹にも張りが出てきたようで、若干骨盤の形が変わってきたような気がする。気がするって言うか本人談。

さて、そんな昨晩は都内最大のクラブとしておなじみ、新木場のagehaでバンプ取ったあと、妻と一緒に、本日封切りの映画「ビッグ・フィッシュ」を観に有楽町へ。これは予告編観たときに、数年に1度あるかないかのビンビン来る"何か"を感じ、これは間違いなく封切日に観なければ行けないと、前々から予定を立てていた映画。ティム・バートン監督、ユアン・マクレガー主演。
a0018768_11232.jpg

いや~、これはちょっと、ここにきてまさかの、人生1位映画になってしまったかも。予備知識もあまり入れず、本当に予告編観て感じた"何か"だけを頼りに勝手に期待を高めるだけ高めて、もしつまんなかったらどうしよう?と言ったネガティブ要素もまるで考えずに、無条件に「これは絶対面白いはず」と気合入れまくって観たにも関わらず、その期待を余裕で遥かに超えまくる、最高の中の最高映画だった。個人的には、ここ最近観たほかの映画とは、ちょっと比較にならないな。

詳しい内容は適当に他で調べてもらうとして、まずOPで最も好きな洋画俳優スティーブ・ブシェミの名前出ただけでグッと涙腺やられてしまい(理由は前回更新分と似たような意味で)、それ以降はほぼ全編、いろんな感情が入り乱れて潤んでキュンキュン来っぱなし、そしてラストでは、今まで観た映画の中でも、過去最大級の大号泣。館内で声上げるのはさすがに迷惑だなと全力でこらえたので、涙だけボロボロ流して全身ブルブル言わせて声を噛み殺す有様。もし「こちとら自腹じゃ」的カメラで現場押さえられていたら、相当の醜態を晒していたことだろう。Tシャツの襟がグッショリするほどの大洪水。

まー今の自分の状況で観たと言うタイミングも大きかったかな。ネットで他の感想見ると、それほどの評判でもないので、一般的にはそんなに超名作と言うわけではなさそう。なので、これから観にいくというひとは、そんなに過剰に期待しない方がいいのかも。個人的には☆500個くらいでしたが。

いや~、本当にいい映画だった。このタイミングで観られて良かった。最高。あー。
[PR]
by cosmication | 2004-05-16 01:13 | [myself]親の話
しんどい
う~ん、奮闘記とか言っときながら、実際のところまだまだ個人的には、妊娠について特に奮闘してる事はないので(まー多少家事手伝ったりしなくはないけど)、正直あんま書くことないな!

まあ妻の方は、妊娠初期特有の、「異常に腹が減る」、「異常に眠くなる」、「ゲロゲロ吐きがち」と、有名な"つわり"ベーシックセットにここ数日はキッチリはまっているらしく、特に便秘が酷くてそれが引き金になって吐いたりするという、文字通りの奮闘中ならぬ糞闘中の毎日なのだが、それに対してオレはと言うと、そんな妻の便秘対策のために買った食物繊維タップリのマンナンライフ「蒟蒻畑」を一緒に食べてしまっているので、ここ最近はすこぶる良好なお通じ!亭主快便計画!1日3回は出てるかな。

ということで、妻には便秘に効くと言う、ケロッグオールブランでも買ってきてやろうと思います。ウンコが出て、少しでもつわりが楽になりますように。お腹にウンコ詰まってると、隣で寝てる赤ん坊もウンコ臭くてたまらんよな。

* * * * * * * * * *
■個人的な日記■
今日買ったCD「TUCKER IS COMING/TUCKER」が予想以上に素晴らしかった!このジャンルレスかつボーダレスな音は、聴く人それぞれの背景とか入り口でだいぶ印象変わると思うけど、個人的にはビンビン感じたのは、リズムボックス+エレクトーンと言うそのチープ、というよりストイック、な音源の組み合わせ、最小限のリズム+メロディで奏でられる音楽、これはまさにPSG3チャンネルのファミコンサウンドに酷似~、と言う部分。しかもこのジャジーなメロは初期任天堂や初期ナムコサウンドを彷彿とさせる、噛めば噛むほど味の出る、時代を超えて尚愛される郷愁のメロディだな~とか言うような事考えつつ、仕事の帰り道に聴きながら思わず泣きそうになってしまった。
a0018768_2208.jpg

このTUCKER、Jackie& The Cedricsのサポートで世界回ったり音源参加したりしてんだよね。なんかこう、自分の中で別々に好きだったもの同士が、ある日突然繋がったりすると、「個人的に好きな物」って括りだけだった自分内ジャンルが、ちゃんとカテゴリ分けされて正当化された気がして、なんとも言えない興奮で震えて感動するって言うのは、雑食性サブカル畑出身者ならではの、特権的快感だなと思った。

先日発売された、杉作J太郎先生の新刊「LL.COOL.J太郎」の中でも、推薦文を書いてるゲストの面子が、蛭子能収、根本敬、みうらじゅん、吉田豪、掟ポルシェだったりする中に、立ち位置的にはどー考えてもこっち寄りだけど、そもそもの出が違うので、今までニアミスで交わることのなかったいましろたかし先生が、偶然か必然か参加しているのを見て、「そうだよ!いましろ先生はやっぱこっちだよな!」と、自分の中の好みに正当性が持たれたと言うか、自分の歩む道は間違ってなかった事に妙に興奮して、一人で知的オーガズムに達してしまったということもあった。

昨年末にロフトプラスワンで大槻ケンヂ、吉田豪と言うサブカル界のカリスマとステージを一緒にさせてもらったときに、実際に会話らしい会話したのは少しだったけど、この居心地の良さ、やはり自分はこっち側の人間であり、この道より我を生かす道なし~、とスイッチ入ってから、自分の中の雑多なサブカルコンテンツをパズルのように組み合わせて考えるのが面白くて仕方がない。やはり元チェキッ娘ID:004の新井利佳ちゃんはモデル辞めたあとでブラジル行って柔術やればよかったんだ~、など。他の人には通じなくても自分内で同じ軸上にあればどんな組み合わせでも面白がれる。これがサブカルの本質と見つけたり。

あと明日金曜、新木場のagehaでDJ HANGERライブの映像サポートやります。スクスクラッチ!

★Scratch Perverts Japan Tour 2004
2004,5.14.FRI.start 23:00- at ageha
door:4000円/add:3000円
BREAKBEATS,HIP-HOP,ABSTRUCT,ELECTRO

Scratch Perverts(UK)
DJ HANGER(DMC JAPAN CHAMPION 2000),←feat.Sailor Chainsaw
DJ HIDE(KEMURI PRODUCTIONS),
RAYMOND(MOLD)
[PR]
by cosmication | 2004-05-14 02:21 | [myself]親の話
白い影
今日は妻の定期検診。検診に行く度に、超音波エコーで撮った今のジュニア画像をプリントアウトしてくれるサービス付き。どーでもいいけど、今日のプロジェクトXが超音波エコー開発秘話だった。

 

左:4/27のもの、右:5/11のもの

黒いナス型の影が、子宮全体。その中にある、白い球状のものが、赤ちゃんであるらしい。確かに、この2週間で目に見えて大きくなってはいるが、それでもまだ全長約1.5cm。この段階では精子以上人間未満と言った感じであり、当然ながら、性別が分かるほど性器も発達しているわけもなく、サイズ的には全身クリトリスと言った具合であろう。なので、常にビンビンに敏感、刺激を与えないように注意しなければならない時期である事は言うまでもない。イっちゃうからね。

いや~しかし、改めて、全然実感ないな!もう少し人間らしくなってくれば(って相田みつをみたいだが)、多少は一人の人間の親になるという気もしてくるのか~?と言う、この辺の感覚がこれまたリアル。

* * * * * * * * * *
■個人的な日記■
作:久住昌之、画:谷口ジローと言う「孤独のグルメ」黄金タッグが、今また新たな連載を持っていると言うことを今さら知る。しかもタイトルが「散歩もの」!久住さんファンならこのタイトルだけでお腹いっぱい、それを谷口先生のストイックな画風で描くという、読む前から傑作確定なこのマンガ、今まで見逃してたのは、連載してる雑誌が「通販生活」だからに他ならない。読めなすぎ。ちゃんと単行本化してくれないと困るよ。

ちなみに、我々の結婚式のウェルカムボードは、なんと久住さんに描いてもらいました。自慢!今は額に入れて家に飾ってあります。家宝!

あと、relax最新号で見たけど、ようやく日本でもアサイーが飲める(食える?)店が出来たらしい。大手町や目黒に店舗を構える「フルッタフルッタ」と言うジュースバー。もちろん個人的にはブラジルで飲んできたけど、見た目、味、食感、どれを取ってもアメイジングなので、機会あれば是非飲んでみると、偶然にも街中で中学の同級生とバッタリ出会ってしまい、適当な挨拶交わしたものの、当然話すこともなく、微妙すぎる気まずい空白の時間を埋めるための、話のネタくらいにはなるかも。relaxの中で中井先生も言ってたけど、アサイーだけで飲むより、バナナ割りが美味いよ。アサイー・コン・バナナ。
[PR]
by cosmication | 2004-05-12 00:15 | [baby]こども