Sailor Chainsaw Haruyama personal blog

illustration by 中川画伯
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
▼EVENT SCHEDULE
6/12 わっしょい!@カルカル
6/16 ヤリマンGP@LPO
6/19 VALKIRIE@有明
6/19 CAGE FORCE@有明
6/30 「人喰い映画祭」発売日
7/3 「人喰い映画祭」イベント@LPO
7/13 新宿二丁目プロレス
8/7 ドクトルルチャ@Naked Loft


検索
最新の記事
カテゴリ
タグ
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ビックリマンプロ野球編
a0018768_1304773.jpg

ビックリマンプロ野球編

昨日ヤクルト倒して、交流戦単独首位の千葉ロッテ、調子に乗ってロッテならではの天才企画。地元千葉のマリーンズファンとしても、ビックリマン直撃世代としても嬉しい企画。闘将古田、鉄人金本、レオをかぶった松坂あたりは最高。でもそれこそ、個人的には中川画伯の描いたビックリマン風プロ野球シールが欲しい。

■ビックリマン直撃世代感涙のアニメOP&ED
アニメ「ビックリマン」OP
アニメ「ビックリマン」ED
アニメ「新ビックリマン」OP

新ビックリマンのOPは、口ずさむと思わずベリーオズとディオコッキーの声真似までしてしまう刷り込みぶり。
[PR]
by cosmication | 2006-05-31 13:13 | [myself]親の話
ハーイ!
a0018768_073719.jpg

娘と一緒に「サザエさん」観てて気付いたけど、「ハーイ!」とか「バブー!」くらいしか言えないイクラちゃんは、その言葉の程度から予想するに、今のうちの子と大体同じ月齢くらいだな。多分1歳半くらい。うちの子もほとんど単語にはなってないけど、返事くらいなら声出して出来ます。

子供の言葉と言えば、「ウフ」(鳩よ!の後継誌)で連載中の「孕むことば(鴻巣友季子)」が、メチャクチャ面白い。"翻訳家"という言葉を立体的に扱う専門家ならではの視点(聴点)から、育児上での子供との"言葉遊び"をネタにしたエッセイ。"育児"と言う極めてRawな実生活の中でも、常に言葉(と言うか、子供の口から出る言葉にもならない音)に、文字通り耳を傾けて、極私的な興味・趣味として面白がれている上に仕事にもなっていると言う、天職ぶりが感じられる内容。

こういう、"好きこそものの上手なれ"を実践している人に接すると、「やらなきゃいけないことをやるだけさ。だからうまくいくんだよ(アイデン&ティティ)」と言う気(まやかし)になって、忙しいときは精神的に余裕が出来ます。

写真は靴下を嫌がってキャストオフする娘。天気の悪さ、地面の湿り具合と、梅雨のシズル感のある写真。
[PR]
by cosmication | 2006-05-22 00:46 | [baby]こども
真性団塊ジュニア
a0018768_22573660.gif

ベストセラー「下流社会」(光文社新書)等でおなじみの三浦展先生によれば、いわゆる第2次ベビーブーマーである1971~74年生まれは「ニセ団塊ジュニア」、1975~79年生まれは「真性団塊ジュニア」と呼ぶらしい。

つまり、77年生まれでB52スペシャルである自分は、「真性団塊ジュニア」なんだな~、とか言う話を同じく77年生まれの急行さんと話していたときに思いついたロゴ。サンプリング世代!

「彼らにとっては『少年ジャンプ』の漫画家の名前を知らないのも、ドストエフスキーを知らないのも同じこと、恥ずかしくないわけです。大学を出たなら、ドストエフスキーぐらいは知っていて、1冊ぐらいは読んでおくのが当然だという意識はない。「好きなんだ」になってしまう。いわば教養の崩壊です。」

教養の崩壊!ドカーン!低音ばっかり聴いてるとバカになる!なイメージですが、特に意味はありません。
[PR]
by cosmication | 2006-05-12 22:55 | [myself]親の話
GW終了
a0018768_1414984.jpg

あっちゅう間にGW終了。今年は珍しく初日から最後まで、公私共に連日予定入れ入れで、あんまり休んだ気しなかったな。印象に残った事を箇条書き。

■近所で人気のつけ麺屋「哲(TETSU)」。連日行列、この日も30分待ち。並ぶだけの美味さはもちろんだけど、何より店の女将さんが、子連れに"異常に親切"で、そのあまりの異常ぶりに感極まる。他のジャンルの店でも、ここまで親切な接客は受けたことがない。

■自転車で荒川沿いにある「尾久の原公園」へ。超穴場!子供を文字通り"野放し"にしてもOKな広さの芝生で、常時2、3組しか人がいないと言う開放(閑散)ぶり。代々木や新宿御苑行くまでもなく、我が家の定番芝生公園になるであろう~(大予言)。

■うちの娘は12月末が誕生日なので、誕生日とクリスマスと正月を一緒にされちゃう可哀相な子、という設定を避けるために、毎年5/5の子供の日(今年は亀田の日)にもプレゼントをあげよう、と言うことで、新宿伊勢丹におもちゃを買いに。いろいろ迷った結果、「プラステン」という木製のパズル(?)を購入。選んだ理由は、対象年齢が近いことと、ネットで評判が良かったこと(2ch脳)、ロングセラーにも関わらず、今年で生産中止になってしまうことに対するプレミア感という、まったく不純な親の感情で購入した。

■法事と旅行を兼ねて、2泊3日で新潟へ。GW中唯一頭使わなくて良さそうなタイミングだったので、極力、脳に刺激を与えないことをテーマに。へぎそば、わっぱ飯、のっぺ汁、ノド黒、日本酒など食べつつ、1から10まで郷土料理で完結する土地(県)というのも多くないのでは?と関心する。旅行中、娘がすこぶる機嫌がよく、まったく手が焼けない奇跡。

帰ってきてから、HERO'S、PRIDE、マッスルハウス、一気に観戦。一番印象に残ったのは、KIDでもTKでもなく、「♪エールエル!ピーダーブリュ!」に他ならない。

■Tシャツラブサミット2Days、芸人ステージMCに出張バカ映像。個人的に面白かったのは、瞬間メタル、原田16才、楽珍トリオ。原田16才さんは6/17のアーケードアタックにも出てもらうので必見。

あとイベント中、「Chu!☆Lips」というアイドルグループのライブもMCやらせて頂きつつ観させてもらったけど、最前列のファンがムチャクチャ楽しそうだった。あれはもうアイドルライブという形態を借りたスポーツ。改めて懐かしい物が込み上げたな。ちなみにChu!☆Lipsの中ではあいち派。
[PR]
by cosmication | 2006-05-09 02:22 | [myself]親の話