Sailor Chainsaw Haruyama personal blog

illustration by 中川画伯
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
▼EVENT SCHEDULE
6/12 わっしょい!@カルカル
6/16 ヤリマンGP@LPO
6/19 VALKIRIE@有明
6/19 CAGE FORCE@有明
6/30 「人喰い映画祭」発売日
7/3 「人喰い映画祭」イベント@LPO
7/13 新宿二丁目プロレス
8/7 ドクトルルチャ@Naked Loft


検索
最新の記事
カテゴリ
タグ
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧
GールデンWーク

世界が100人のAV女優だったら
大坪 ケムタ / / 扶桑社

昨日は"スマックガール"大阪大会にスタッフとして参加。"666"大阪大会以来、2年ぶりのアゼリア大正。結果こそ判定多めではありましたが、音響ホールとして特化した会場の、良い意味での密室感は、他の会場にはない臨場感が味わえて、ジョシカクの面白さの伝わりやすい良い興行だったんじゃないでしょーか。

そんな大阪への移動中に読んだ本がこちら、「世界が100人のAV女優だったら」(大坪ケムタ・編)。有名無名問わず、現在日本で活躍中のAV女優100人から集めたアンケートを元に、その解答を集計・グラフ化、その結果から、いまだファンタジーに包まれた業界に生きる裸の女性たちを丸裸にする~、と言うサブカルチャー的ルポ。

大坪さんの師匠でもある、ライターの安田理央さんはこう言っている。

「AV女優という職業に、過剰な思い入れを期待している人が本書を読むとがっかりするかもしれない。ここにはドラマはない。ただ「普通の」現実がある。しかし、本当にAV女優という職業について知りたいと思ったなら、まずこの本を読むべきだ。」

事実を事実として切り取った結果、「ま~何となく分かっちゃいたけど・・・」と言うファンタジーのベールが確実に一枚剥がされる感覚は、プロレスにおける"シュート活字"の感覚に近いかも。もちろん、いわゆる"暴露本"などと言う類の本では決してはなく、かつてネガティブであった"ステレオタイプ"なAV像を持つ人間に、「AVについてしか知らない者は、AVについて何も知らない」ことを認識させ、さらに正しい現状を伝えて、少なからずAVリテラシーの向上をもたらせると言う、むしろAV布教本であると思った。

が、この多重アリバイから導き出された実態は、過去に例がないと言う点で、AVに興味ある無し関係なく、おそらく業界人ですら、読んだ人間の意識に触れるのは確実で、シュート活字ムーブメントがかつてそうであったように、程度はどうあれAV業界の見え方にパラダイムシフトが起こり得る、ひょっとするとひょっとするかも知れない、生まれながらにしてAV史上に編集点を作ってしまった名著であることは間違いなさそう。結果、AV業界が地盤沈下したとしても。

あと、この本、すんごい読みやすくて、なんでだろ~と思ったんですが、今気が付いた。なんかこの、"リセットした目線"と言うか、フラットな目線で業深きネタを見ると言うのは、デイリーポータルあたりに載ってるコラム読む感覚に近いからかも。

しかし、女子格闘技の興行手伝ったあとにこの本読むと言うのもいかがなものか。
[PR]
by cosmication | 2007-04-30 03:34 | [event]イベント
I was born in 1977.
a0018768_157497.jpg

おっきなコドモ達集まれ!今年晴れて30歳になるっていうのに、相も変わらずマンガやゲームに夢中な昭和52年生まれが大集合!その原点となるであろう小中学生時代に通って来た様々なムーブメントを振り返り、さらにあえて意味も無く「最強」を決めたいと朝まで生どっちな討論を繰り広げる?!チャージ料金はプラスワン最低価格600円と真性団塊Jr世代(74年〜79年)に向けやさしい設定!とりあえず以下のキーワードに引っかかる人は是非遊びに来てください!ビックリマン、ロッチ、コスモス、ミニ四駆、ファミコンジャンプ英雄列伝、2000万パワーズ、大威震八連制覇、ぼくらの七日間戦争、GET WILD AND TOUGH、ロードス島、BB戦士、PPカード、LLブラザーズ、JJジャックス、艶艶ナイト、11PMで初オナニー、桜木ルイ、ベースボールクイズ、TACOXは厳しいガバス、ゆうてい、みやおう、きむこう、ほりいゆうじ、とりやまあきら、ぺぺぺぺぺぺぺぺぺ・・・。

【司会】DJ急行(77年5月生まれ)、セラチェン春山(77年5月生まれ)
【ゲスト】芸人、ゲーム、漫画家など各界の今年30歳になる方々。
2007/5/16(wed) Open18:30/Start20:00
新宿ロフトプラスワン
600円(飲食代別)
※尚、77年4月◯78年3月生まれの方、チャージ無料!&急行春山より粗品が(要身分証明書)
※また開演までの19時から20時まで昭和52年生まれの合同誕生会をダラダラ開催します。

【公式サイト】http://subcul.tv

------------------------------
兼ねてより企画していた同世代トークイベント、1977年生まれが今年で30歳になる区切りに、"戦争を知らない子供たちの子供たち"による、ガシャポンウォーズついに開戦!ここ最近の復刻オモチャブームに完全にカモにされてるBB戦士ことじゃあまん探偵団B52スペシャルが、あえてそのルーツの再構築に挑む!目覚めよ小宇宙!見る夢はすべてオールカラー!1秒も無限大!ルービー片手にクーソーしてから寝るバブル前夜の落とし子たちが、鉄人兵団と共に次界へ旅立つ!

とか何とか、いろいろ小学生当時何が流行ったかな〜とか最近良く思い出してますが、"砂絵"って結構やった気するけど、これは世代関係ないかな。
[PR]
by cosmication | 2007-04-25 15:38 | [event]イベント
英知出版潰れたおかげでTシャツ企画サイトも立ち消えの巻
a0018768_263833.jpg

いましろたかし先生の連載コラムを読むために、唯一定期購読している本である"ウフ"、今月からせきしろ先生の連載小説もスタート。相変わらず読後に何も残らない、まったく読むだけ無駄な究極のオフビートテキスト、その無駄をありがたがって読めると言うのは、ある意味、非常に贅沢だと言えよう。来月プラスワンで行われるせきしろさん主催の「落合記念館ゲーム・最強決定戦」は是が非でも行かねばならないイベント。

ちなみに、いましろ先生も相変わらず素晴らしいコラムあった。以下引用。

いつものように何も書きたくない。何も言いたくない。(中略)デタラメである。仕事をしたくないだけなのだ。(中略)あいかわらず髪は抜けるし歯は痛いし目はかすむし大変なのだがしょーがない。(中略)しょーがないのだと口にするが本気では思えない。

日曜日は"ちょいペディア"@高円寺Tショックにお邪魔しに。パーソナルな話を中心にイベントが進むと言う、普段あまりないシチュエーションなので、前回の出演時(&podcastの音源)と合わせて、何かこう、自分の立ち位置や見え方が確認出来るようで、いろいろ"気付き"がありました。生も面白いけど、ラジオもやっぱ面白いな。

あと、高円寺Tショックもイベント会場としては始めて跨いだけど、かつて関根勤がいいともでエンセン井上の物真似をプッシュしていた頃、「TVの向こうにいる10人に伝わればいいと思ってます」と言っていたような感じで、お客さんと共犯意識が持てる、特異な環境だと思った。近々個人的な企画も考えてみたいな~、と。

写真は船橋三番瀬公園にて。引っ越したら自転車で海に行けるようになって驚いた。
[PR]
by cosmication | 2007-04-17 02:50 | [myself]親の話
正式版
wiiインターネットチャンネルがお試し版から正式版にアップグレードしたと言うことで、Wiiから記念書き込み。全体的に軽くなって、サクサク見れるようになったかも(サクサク祭じゃ~!)

PC立ち上がってないときに、ちょっとネットやるくらいなら、まー起動時間考えると、選択肢にはなりえるかも。が、その程度なら携帯で十分だな。
現在、我が家では、娘にYoutube見せるのに活用中。PCでみるよりノイズも目立たないので、非常に見やすい。と言うか、事前にPCで動画ブックマーク作っておいて、そこから動画再生していけば、複数人でのちょっとした動画鑑賞会には結構有用かも知れない。
[PR]
by cosmication | 2007-04-12 23:16 | [myself]親の話
ワンダー春山
a0018768_263457.jpg

セラチェン春山改め、ワンダー春山モデルのセフィーロプラモデル(アオシマ製)。自分の名前入ってるプラモなんか、今後一生出ることないな。

と言うことで「ゲームとプロレス」終わりまして、今週末金曜はこれ。大阪で、個人的には久々のVJ。
----------------------------------------
■マンガライフ Presents ブットイロービート×SPACE TRIP

2007/04/13(Fri) @ 大阪TRIANGLE
OPEN : 22:00 DOOR:¥3500 (1Drink) ADV:¥3000 (1Drink)

[DJ]dj hifana@home,鎮座DOPENESS,KENTY GROSS,TONY THE WEED,TAKE-T-ONE,ZURA,ブットイCREW:prof.CHINNEN,ザビエル,DJ YASA,
[VJ]Sailor Chainsaw
----------------------------------------

そして日曜日は急遽代打出場のこれ。
----------------------------------------
■カルト居酒屋〜ちょいペディア4〜 ちょいペディアポッドキャスティング 公開収録第2弾

場所: 高円寺Tショック
杉並区高円寺南4-24-11 CHOCOLATE CHIWAWA 内2F
お問合せ:TEL:03-5481-3561( ハードコアチョコレート )

日時:2007年4月15日(日)OPEN /START 20:00
金額:800円(1ドリンク付)

出演:
バッドガイ☆NABE (黒い生クリーム)
MUNE ( ハードコアチョコレート)
みち ( 牛丼南極物語 )
プチ鹿島 ( 俺のバカ )

ゲスト:
セーラーチェンソー春山 ( セーラーチェンソー )

----------------------------------------

まさに、ドントトラストオーバーサーティを地で行く、ダラ喋りイベントに再度出演。ちなみに、ちょいペディアのpodcastingは、正直言ってそこら辺のAM深夜番組より面白いので(特にチャンス大城さんの学園祭でドッグレースを開催した話は最高!)、みなさん是非聞いてもらいたい。自分が以前同イベントに出演した際の音源もupされてます。早口すぎて聞きづらい。

あと、A社の仕事でおなじみの、ジャケットデザインをやったRAM RIDERの新譜も水曜に出ます。6月にはアルバムも出る予定。
[PR]
by cosmication | 2007-04-10 02:57 | [event]イベント
ゲームとプロレス
a0018768_11294464.jpg

と言うことで、いよいよ明日に迫って参りました、至極狭い層をターゲットにしたトークイベント「ゲームとプロレス」@ロフトプラスワンですが、ここに来てゲームの現場側の方の参戦のお話なんかも出て来て、完全に個人的な趣味の話で3時間終わりそうだったこの企画も、何とかそれらしくなる模様です。が、恐ろしいことに前売りはほとんど捌けてないようなので(まあ前売り買うようなイベントじゃないけど)、当日暇な人は飛び込みで是非。

と言うことで、Youtubeから関連映像を以下に。

■人生プロレス?
Fighting TVサムライさんにご協力頂いた「インディのお仕事」での告知映像。言い方悪いですが、こんなイベントのこんな映像を、人工衛星から安易に発信してしまうサムライさんの軽さは専門局ならでは。

■A Decade of Fire Pro Wrestling
実写では良くあるけど、ファイプロのダイジェスト映像を音楽に載せた、いわゆる"トリビュート"作品。

■不死鳥カラスすごい
正しくは負死鳥カラス選手。現在はラーメン製麺所「浅草開化楼」のカリスマ営業として活躍するインディレスラー、負死鳥カラス選手をエディットしたファイプロ映像。

あと全くイベントと関係ないけど、子供と一緒に毎週見てたNHK教育「ニャンちゅうワールド放送局」、おねえさん役の"みかちゃん"こと菊地美香が、今期で番組を卒業と言うことで流れたみかちゃんのお別れ映像。番組自体が放送局を舞台にしていると言うメタ設定な事もあり、お別れの挨拶で言ってる事がド直球で泣けすぎ。同じく今期で卒業した「いないいないばぁ」のふうかは、4年も担当したにも関わらず番組中で全くその事に触れなかったと言う事と比較してしまう部分もあり、これはETV史上に残る、感動の名最終回と言えよう。
[PR]
by cosmication | 2007-04-05 12:02 | [event]イベント
リングス船橋
a0018768_2105856.jpg

中川画伯より、イラストコラム連載中の新日公式パンフと、リングス風のリオステッカーを頂きました!毎度ありがとうございます!素晴らしい。維震軍復活のノロシは、すでに各方面から上がってるぞ!

リングスと言えば、先日DJジークジオンさんから、引越し祝いに?もらった本「1976年のアントニオ猪木」、これがもう、21世紀に蘇ったプロレススーパースター列伝!

1976年のアントニオ猪木
柳澤 健 / / 文藝春秋
ISBN : 4163689605

史実のみを追い、淡々と描かれる男たちの様は、プロレスファンタジーを超えたリアリティを持ちつつ、そしてそれすらも超えて行間に浮きあがる格闘浪漫!特に第2章「ウィリエム・ルスカ編」は、ヘーシンク、ブルーミン、ドールマン、トム・ハーリック、ビンス・マクマホン・シニア、イワン・ゴメス、カーウソン・グレイシー、岡野功、そしてアントニオ猪木と、歴史に名を残すレジェンド超人たちが、海を越え、密接に絡み合い、時代とともに流れていく、もはや歴史的大河ドラマ!寒気すらします。

「リングスと言えば」で切り出した割には、直接関係あるのはドールマンだけだけど。とにかく超名著。
[PR]
by cosmication | 2007-04-04 00:56 | [Riophics]リオネタ画像
Mr.BD on the web!!
「Mr.バックドロップ 後藤達俊」 http://ameblo.jp/mr-bd

「袖無しのダウンジャケットを持って来て良かったv(^^)v」
[PR]
by cosmication | 2007-04-02 19:57 | [etc]その他
月の爆撃機
a0018768_19241751.jpg

と言うことで、春のセンバツは我が母校アッサリ負け。まーあれだ、栄養費とかそういうあれだなきっと。夏の甲子園こそガチンコ!

さて週末に花見も終わり、何となく浮かれた春先シーズンから醒めて目の前の予定を見ると、ありがたい事にお仕事山ほどあり、醒めるは醒めるでも、やや青ざめております。今年ももう4分の1が過ぎ、おそらく次の瞬きから目を開ければゴールデンウィーク、そして気がつけば夏になってる事でしょう。夏が来れば思い出す、遥かな尾瀬ェェェ…(長尾謙一郎)
もはや意図せず埋まっていく予定に、恍惚と不安を感じながらも、Like a rollingstone、やるっきゃ騎士の心構えで、いつでもまっすぐ歩けるか、手掛かりになるのは薄い月明かり。

画像は新馬場にリニューアルオープンな、今取りかかってる案件。
[PR]
by cosmication | 2007-04-02 19:23 | [myself]親の話