Sailor Chainsaw Haruyama personal blog

illustration by 中川画伯
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
▼EVENT SCHEDULE
6/12 わっしょい!@カルカル
6/16 ヤリマンGP@LPO
6/19 VALKIRIE@有明
6/19 CAGE FORCE@有明
6/30 「人喰い映画祭」発売日
7/3 「人喰い映画祭」イベント@LPO
7/13 新宿二丁目プロレス
8/7 ドクトルルチャ@Naked Loft


検索
最新の記事
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:プロレス ( 44 ) タグの人気記事
MEN'Sクラブナイト2
a0018768_174246100.jpg

★666&MEN'Sクラブ presents
「メンズクラブナイト2」~ドキッ!男だらけのバレンタインデー!!~
2/14(木)新宿FACE / 19時開場/19時半開始

プロレス界の"姐さん"ことMEN'Sテイオーを中心に広がるセクシャルコミュニティ for MEN、それがMEN'Sクラブ!大盛況のうちに開催された第一回パーティの興奮覚めやらぬまま、抜かずの2発目発射決定!しかも今回の舞台は日本最大のメンズスポット「新宿」!!今回もプロレス界のズリダチユニットMEN'Sクラブオールスターズをはじめ、団体の壁を超えてガチポチャレスラー、オラネコレスラー、歌舞伎町フィンランドで寝待ちレスラーなどなど、野郎自慢たちがズリ見せ暴発寸前!人気ゲイマガジン「Badi」の協力も得て、ついにプロレス界最大のカミングアウトが行われてしまうのか?!もう隠す必要はありません!新宿駅のトイレで待ち合わせろ!!

■チケット
ミラクルエクスタシート(最前列指定)完売
ハッテンシート(2列目以降指定)5000円(残部僅少)

※666オフィスネット予約:ハッテンシートのみのお取り扱い。ドメイン指定確認後にonryomania@yahoo.co.jpまで大会名/氏名/携帯電話番号/チケット枚数を明記の上お送り下さい。2日以内に予約確認返信が666オフィスより届きます。3日以上経っても返信がない場合は再送をお願い致します。座席方角位置指定やキャンセルは不可です。

■参戦予定選手/忍(666)、大石真翔(KAIENTAI DOJO)、怨霊(666)、宮本裕向(666)、小仲=ペールワン(666)、飯伏幸太(DDT)、円華(KAIENTAI DOJO)、マサ高梨(DDT)、趙雲子龍(新北京プロレス)、下田大作(フリー)、伊東竜二(大日本プロレス)、関本大介(大日本プロレス)、沼澤邪鬼(大日本プロレス)、アブドーラ小林(大日本プロレス)、大橋篤(大日本プロレス)、佐野直(静岡プロレス)、ドS看守 a.k.a 藤田峰雄(WMF)、ホッシ~ノ a.k.a 星野勘九郎(フリー)、神威(WMF)、タノムサク鳥羽(DDT)、澤宗紀(バトラーツ)、佐藤悠己(フリー)、HARASHIMA(DDT)、マッスル坂井(DDT&マッスル) and more!!

実況解説:MEN'Sテイオー(大日本プロレス)&須山浩継
特別ゲスト:ザ・クレイジーSKB(666)
特別リングアナ:暗黒シャーマンモリノス(666)

※2/3DDT後楽園大会におきまして飯伏幸太選手が負傷したため、急遽HARASHIMA選手の参戦が決定しました。なお当日、飯伏選手は会場に欠場の挨拶に来場致します。何卒ご了承下さい。
[PR]
by cosmication | 2008-02-14 19:00 | [event]イベント
別冊666 vol.5 「ペヤングライオン杯争奪タッグトーナメント」
a0018768_15562249.jpg

■別冊666 vol.5 「ペヤングライオン杯争奪タッグトーナメント」
11/30(Fri.)新木場1stRING / 19:30open/20:00start

▼チケット
闘魂まろやかシート(最前列指定)5500円
飛竜革命もう一丁いくシート(二列目指定)4500円
噛ませ犬四角い顔シート(三列目以降指定)3500円

チケットぴあでの一般販売。及び666オフィスでのネット予約受付は10/23より開始。ネット予約希望者はonryomania@yahoo.co.jpまで、大会名、氏名、携帯電話番号、チケット枚数をドメイン指定確認の上、メールにてご連絡下さい。2日前後でチケット予約確認メールが返信されます。※座席位置指定、およびキャンセルは出来ません

★参戦予定選手
ポアポア a.k.a ザ・クレイジーSKB(666)/宮本裕向(666)/忍(666)/小仲=ペールワン(666)/ウルフ小澤(666)/関本大介(大日本プロレス)/大橋篤(大日本プロレス)/破羅死魔 a.k.a HARASHIMA(DDT)/大家健(DDT)/神威(WMF)/ドS看守 a.k.a 藤田峰雄(WMF)/大石真翔(KAIENTAI DOJO)/澤宗紀(バトラーツ)/ホッシ〜ノ a.k.a 星野勘九郎(ガロガ騎士's)/趙雲子龍(新北京プロレス)/GOEMON(隼計画)/ナスティブラックパンサー(フリー)/木村響子(フリー)...and more!!※順不同

特別リングアナ:暗黒シャーマンモリノス(666)
実況・解説:MEN'Sテイオー(大日本プロレス)&須山浩継(フリー)

ペヤングライオンとは、暗黒プロレス団体666に参戦、または周辺団体で活躍する若獅子たちの総称であり、「ペア+ヤング」の意味を持つペヤングは、そんな若獅子たちのタッグチーム戦である事を指す。この名称の冠が付いた「ペヤングライオン杯タッグトーナメント」は、普段エンターテイメント性あふれるプロレス興行や、キャラクター重視の試合内容等が評価されている若獅子たちが、あえてその過剰な演出を極力排除し、真剣に格闘芸術としてのプロレスに取り組む姿勢を通じて、選手個々が秘めるポテンシャルやセブンセンシズ、チャクラ等の開眼、内的解放を目指す、カウンター療法としての実験興行である!

上の画像は、ペヤングライオン・オリジナルT シャツ。
[PR]
by cosmication | 2007-11-30 19:30 | [event]イベント
UWF(関東学生プロレス連盟)興行@東洋大学
先日ロフトプラスワンで行われた「レッスルビデオマニア」内の企画で名付けられた、学生プロレス界のヤングライオンたちのデビュー戦が、ついに今週末行われることになりました。ちなみにイベント当日のリポートはこちら

■UWF(関東学生プロレス連盟)提供試合
11月3日(土)「白山祭」@東洋大学白山キャンパス
4号館地下1階 体育館アリーナ 14:30開場 15:00開始

イベント内で命名させて頂いた、射精前ボッキ男、ユーリ角海老、ブッカーBまで、AKIBAの4選手によるエキシビジョンマッチが組まれるそうです(射精前ボッキ男については学内倫理規定により変更の可能性有りとのこと)。

イベントで記憶に残った方&学プロ青田買いな方は、是非応援に駆けつけて野次&KY的コールしてみてください。当日は自分も良い試合だ男として観戦します。

UWF関東学生プロレス連盟公式サイト
東洋大告知サイト
[PR]
by cosmication | 2007-11-03 15:00
666 vol.19
a0018768_16455731.jpg

★666vol.20 ハロウィン大会~お菓子をくれなきゃ殺しちゃう!~
10月20日(土)新木場1stRing
18時30分オープン/19時スタート

社長と心中シート6000円 完売
怨霊憑依シート5000円 完売
毒舌!ラム会長シート4000円 完売
(当日16時半より立見チケットが若干枚販売されます。)

チケットは完売ですが、当日券出るようなので暇な方は是非。画像は前回の興行で、破羅死魔(HARASHIMA)選手が試合中に書いた葛西純選手の水木風似顔絵。
[PR]
by cosmication | 2007-10-20 18:30 | [event]イベント
Wrestle Video Mania 2007
a0018768_1233134.jpg

プラスワン新プロレスイベント旗揚げ!昨今プロレスイベントは数多くあれど、これほどプロレスを「純粋な気持ち」で斜め見をするイベントは無いだろう。生粋のファンが、プヲタが、自分なりの楽しみ方、取り組み方を紹介するのがメイン。与えられた情報を鵜呑みにするような時代はもう終わったのだ。観客だってプロレスラーなのだ。……なんてことはどうでも良くて、千差万別色々な団体レスラーがあるなかで、こんな楽しみ方もあるんですよ?とご紹介するのがこのイベントの見所なのです。

■Youtubeで探す未知なる強豪
Youtubeを代表とする昨今のインターネット動画サイトブームにより、日の目を見なかった選手もこの動画サイトを通じて発掘することが出来るようになってきました。このコーナーでは世界中の団体をネットを使って調べあげ、日本招聘を狙って勝手にファンサイトを作ったりする未知なる強豪を見つけたいと思います。ナビゲーターには世界のインディーといえばこの人「バッドガイNABE」をお迎えしてお送りします。

■日本プロレスXY相関図「WVM・マトリックス」
日本の主要プロレス団体をレッスルビデオマニア式XY相関図で置き換えてみようという実験的試み。各界のプロレス論客と共に日本の現状を勝手に(お酒を楽しみながら)(しかも友達の家に居るような気分で)見つめなおします!あなたの好きな団体は他のファンにはどう思われているのか!場外乱闘込みでお送りいたします!

■リアルエディットモード
今秋学園祭デビュー予定の学生一年生レスラーをプラスワンにお呼びして、このイベントでリングネームから決め技、アピール、決め台詞などを決定し学園祭でデビューさせるトンパチ企画。学生プロレスラーといえばそれはそれは品性下劣なリングネームが通例ですのでご期待を。

■ロイヤルビデオランブル
テーマに沿った映像を幅広く募集し、プラスワンのステージで上映してチャンピオンを決定します。今回のテーマはズバリ「フィニッシュシーン」これぞ最高だ!という映像をお持ちの方はぜひビデオ・CD/DVD・URLを持ち込んでください!優勝者には豪華商品をプレゼント!!は豪華商品をプレゼント!!

2007年10月7日(日)新宿ロフトプラスワン
時間/Open17:30/Start18:30
料金/¥1000(飲食代別)
※観覧希望のお客さまメールで予約受け付けています(info@core-choco.com)

スペシャルゲスト/GENTARO(アパッチプロレス軍)
司会/DJ急行、セラチェン春山
出演/MUNE(ハードコアチョコレート) / バッドガイNABE / プチ鹿島(俺のバカ) / ハリウッドザコシショウ / 三平×2(ペイパービュウ・西口プロレス) / 世界のPK...他
[PR]
by cosmication | 2007-10-07 17:30 | [event]イベント
大日本プロレス@後楽園ホール
仕事終わってから、大日本プロレス@後楽園ホール大会へ。相変わらず地熱のあるいい雰囲気。売店の手伝いなどした後、焼肉食べながら666会議。オールナイト興行のための全体の構成の再確認と、進行状況の確認など。実験的な試みも多いので、個人的にイメージしていることが、選手や他のスタッフに上手く伝わってるのかとても怪しい。

解散後、West船橋駅に着くと、さっき水道橋で分かれたはずの666練習生のKさんとホームでバッタリ。そのとき初めて聞いたのだが、Kさんのお住まいはWest船橋で乗換えなのだと言う。一緒に水道橋を出たはずなのに、自分は東西線、Kさんは総武線でWest船橋までたどり着いたのだった。桃鉄だったら同マス停車で貧乏神なすりつけられてるな。
[PR]
by cosmication | 2007-06-26 22:00 | [myself]親の話
新北京プロレスJAPAN TOUR
仕事を定時で切り上げて、新北京プロレス初来日興行@新木場に。高田馬場から新木場行くのは、地下鉄乗るかりんかい線で行くか微妙なところ。

残念ながら最初からは見れず、休憩時間に到着。客席は満員。赤兎馬さん始め、知り合いもチラホラ。コンセプトがハッキリしているので、場内の装飾や選手の衣装なども違和感なく、細かい部分まで気を使った凝った演出。

なるほどな~。変な話だけど、もはやこういう過剰な演出がシックリと受け入れられて、あまつさえ「完成度が高い!」とお客さんに言わしめてしまう状況と言うのは、明らかにDDTやマッスル、ハッスルやレッスルランド、さらに末席に居る666なんかがここ数年で作り上げてきた「プロレス」に対する、リテラシーの向上なんではないかなと思った。お客さんは、プロレス外の演出にあまり特別感を持たず(単発興行だと言うことの方が特別)、本当に普通~の「プロレス」として楽しめたんじゃないかな~。もはや実験的ではなく、鉄板なコンセプト。

うーん、実は結構大きいパラダイムシフトなのかも知れない。
[PR]
by cosmication | 2007-06-06 22:00 | [event]イベント
ゴールDン・ウィーK
a0018768_2315017.jpg

弊社の今年のGWはおかげさまで9連休だったわけですが、そのうち半分は雇われ仕事的にいろいろ顔出してました。と言うことで、レポート兼ねて改めてプレイバック。

■4/28~29 SMACK GIRL@大阪
映像スタッフとして参加。機材テーブルをリングにピッタリ付けた砂被りブース。さすがにこんなに間近で試合見るのは初めて。グラップリングルールの試合はスクリーンにポイント映したりしてますが、この操作がゲーム感覚で非常~に面白い。
興行明けの翌日は、朝からてもみん的なサジマぶっこいた(瞬時に頭痛が治った)のち、試合のため大阪入りしていたM坂井選手、A本多選手とNGK周辺ぶらついて串揚げ。

■4/30~5/1 帰省
家族で帰省。成田は場所柄もあってか、郊外に北米型の大型店舗がボンボン建ってるけど、新しく出来たUNICUSは、本当に海外のスーパーみたいな外観で思わず写真を撮ってしまった。他は主にばあさんのためにシニアカー探したりしてウロウロ。

■5/2 冷蔵庫マン大生誕祭@LPO
冷蔵庫マンこと、ピン芸人・飯塚俊太郎さんの46回目の誕生日イベントでMC。失礼ながらも予想を裏切る集客、超満員。そんなお客さんのノリもあって、笑いで暖まった会場を冷やすはずの冷蔵庫マンがバカスカ受けまくり、終始感極まっていた46歳の飯塚さんを見て、一回り以上年下のはずの我々も、なぜか我が子の成長を見守ったような気になり、感慨深かったな~。

■5/4 マッスルハウス4@後楽園
マッスル坂井がwebの日記やKamiproのコラムに書いてたり、一緒に飯食った時に聞いた他愛もない話なんかが、ことごとく興行の中に収束されているのを見ると、興行の一週間前に全部作ってるとか言いつつも、365日、本人の行動全てが常に興行の伏線になっているという事実。いや~面白い。そういうスタイルこそ、リアル・プロレスラーとして正しい姿であるな。観戦後、みんなで呑み。マッスル坂井一押しのyoutube映像が、PTV島尻Dも一押しだったりしたのが興味深い。

■5/5~6 Tシャツラブサミット@科学技術館
恒例となったTシャツ即売会での特設ステージMC。バカ映像とお笑いサバイバーシリーズ。お笑いサバイバーシリーズは、主宰のMUNEさんがガッチガチにオファーした鉄板面子なだけに、今関東で最も濃厚なコクありすぎの最凶芸人勢ぞろい。昨今のお笑いブームに全く関わりのないどころか、まったくTVに映らない停波芸人ばかり。笑いと言うジャンルの端から端まで、いや実際には両端のみに偏った芸人がバカスカ受けを取る中、大トリに出演した米粒写経は、得意の政治ネタ、差別ネタ一切やらずに、王道ド真ん中の漫才一本で圧倒。超ハイスパートなしゃべくり漫才にも関わらず、一言一句完璧にディティールまで耳に入ってくる感覚は、まさにそこにだけスポットライトがあたり、あまりの神々しさにスローモーションで見ている様。お笑い見て鳥肌立つことあんまりないよね。

と言うことで、移動も多くて大変なGWでしたが、移動中は主に桃鉄DSで乗り切れました。いやしかし忙しい中にもインプット出来ること多く、非常に有意義な連休であったと思います。

写真は連休前に近所のマッサージ屋に張ってあったサイケな足ツボ一覧。ここ押したら死にます、みたいな。
[PR]
by cosmication | 2007-05-08 03:43 | [myself]親の話
ゲームとプロレス
a0018768_11294464.jpg

と言うことで、いよいよ明日に迫って参りました、至極狭い層をターゲットにしたトークイベント「ゲームとプロレス」@ロフトプラスワンですが、ここに来てゲームの現場側の方の参戦のお話なんかも出て来て、完全に個人的な趣味の話で3時間終わりそうだったこの企画も、何とかそれらしくなる模様です。が、恐ろしいことに前売りはほとんど捌けてないようなので(まあ前売り買うようなイベントじゃないけど)、当日暇な人は飛び込みで是非。

と言うことで、Youtubeから関連映像を以下に。

■人生プロレス?
Fighting TVサムライさんにご協力頂いた「インディのお仕事」での告知映像。言い方悪いですが、こんなイベントのこんな映像を、人工衛星から安易に発信してしまうサムライさんの軽さは専門局ならでは。

■A Decade of Fire Pro Wrestling
実写では良くあるけど、ファイプロのダイジェスト映像を音楽に載せた、いわゆる"トリビュート"作品。

■不死鳥カラスすごい
正しくは負死鳥カラス選手。現在はラーメン製麺所「浅草開化楼」のカリスマ営業として活躍するインディレスラー、負死鳥カラス選手をエディットしたファイプロ映像。

あと全くイベントと関係ないけど、子供と一緒に毎週見てたNHK教育「ニャンちゅうワールド放送局」、おねえさん役の"みかちゃん"こと菊地美香が、今期で番組を卒業と言うことで流れたみかちゃんのお別れ映像。番組自体が放送局を舞台にしていると言うメタ設定な事もあり、お別れの挨拶で言ってる事がド直球で泣けすぎ。同じく今期で卒業した「いないいないばぁ」のふうかは、4年も担当したにも関わらず番組中で全くその事に触れなかったと言う事と比較してしまう部分もあり、これはETV史上に残る、感動の名最終回と言えよう。
[PR]
by cosmication | 2007-04-05 12:02 | [event]イベント
リングス船橋
a0018768_2105856.jpg

中川画伯より、イラストコラム連載中の新日公式パンフと、リングス風のリオステッカーを頂きました!毎度ありがとうございます!素晴らしい。維震軍復活のノロシは、すでに各方面から上がってるぞ!

リングスと言えば、先日DJジークジオンさんから、引越し祝いに?もらった本「1976年のアントニオ猪木」、これがもう、21世紀に蘇ったプロレススーパースター列伝!

1976年のアントニオ猪木
柳澤 健 / / 文藝春秋
ISBN : 4163689605

史実のみを追い、淡々と描かれる男たちの様は、プロレスファンタジーを超えたリアリティを持ちつつ、そしてそれすらも超えて行間に浮きあがる格闘浪漫!特に第2章「ウィリエム・ルスカ編」は、ヘーシンク、ブルーミン、ドールマン、トム・ハーリック、ビンス・マクマホン・シニア、イワン・ゴメス、カーウソン・グレイシー、岡野功、そしてアントニオ猪木と、歴史に名を残すレジェンド超人たちが、海を越え、密接に絡み合い、時代とともに流れていく、もはや歴史的大河ドラマ!寒気すらします。

「リングスと言えば」で切り出した割には、直接関係あるのはドールマンだけだけど。とにかく超名著。
[PR]
by cosmication | 2007-04-04 00:56 | [Riophics]リオネタ画像